ライン

ライン


昭和の鉄道文化遺産・ボンネット型特急電車「クハ489-501」(旧国鉄・東急車両製)を保存・活用するために活動しております。

あなたは 人目のお客様です。

インフォメーション

2016/03/30

クラウドファンディング企画
「国鉄ボンネット型特急電車クハ489-501にサンタスカートを贈ろう!」 実施中

 READYFOR様にて 6月27日(月)午後11:00まで応募可

 詳細・応募はこちらより 国鉄ボンネット型特急電車クハ489-501にサンタスカートを贈ろう!

 当会公式facebookでも発信中 こちら または こちら

2016/03/18

遊泉寺線廃止30周年
 回想写真展「おもいでの電車道」 開催中

 期間 5月29日まで(車内一般公開時に客室にて展示しております)

 昭和61年5月に廃止された北鉄小松線の懐かしい写真をご覧いただけます。

トピックス

どいはらクラシックカーミーティング“よろっさ!みよっさ!”

どいはらクラシックカーミーティング“よろっさ!みよっさ!”開催

 2014年11月23日、「スカイラインGT-R」や日本自動車博物館様のボンネットバスなど7台がボンネット広場へ集結。

 今回は何とボンネット広場で結婚式が行われました。しかもヘッドマークはかつて東海道本線を走った伝説の臨時準急列車にちなみ「ちよだ号」のヘッドマークを付け、ボンネットの赤ヒゲなし・運転席上ライトのサザエさん?カバーなしの姿を再現するこだわりぶり。式の終了後、新郎新婦はクラシックカーやボンネットバスの車列で市内中心部をパレード。「乗りもののまち」ならではの結婚式に多くの人が2人に祝福しておりました。お幸せに。

どいはらボンネットミーティング S89 FanFanまつり」開催

「どいはらボンネットミーティング S89 FanFanまつり」開催

 2014年4月29日、クハ489-501の保存1周年を記念して行われました。

 オープニングは何と石川テレビ様情報番組「リフレッシュ」の生中継!運転席では鳴り響くボンちゃんの汽笛に遠方からお越しのお客様は大喜び。ヘッドマーク撮影会や日本自動車博物館様所有のボンネットバスでの市内クルージングも行われ、ボンネットバスクルージングは全便とも満員御礼でした。

 今回はジェイ・バス様所有のボンネットバス「いすゞBX553」も展示され、自動車博物館様のボンネットバスとクハ489-501との3並びが実現!昭和40年代を彷彿とさせるボンネット3兄弟?の姿に大いに盛り上がりました。

第1回 乗りもののまち どいはらクラシックカーミーティング489 開催

第1回DCM489開催、車内入場者数が1万人を突破!

 2013年10月13日、第1回 乗りもののまち どいはらクラシックカーミーティング489が開催され、土居原ボンネット広場には昭和40年代の国産クラシックカー「スカイラインGT-R」「ブルーバード510スポーツ」など9台が並べられ、昭和46年製のクハ489-501とのコラボが実現しました。12:53頃には475系国鉄急行色の団体列車「北陸本線全通100周年記念号」とランデブー。夢のような素敵な一日が繰り広げられました。

 そして無事イベントが終了し車内の公開も終了時刻が迫っていたその時、4月29日開業以来の車内への入場者数が1万人を突破しました。小松市内はもとより全国各地からお越しくださいました多くの人に支えられながらついに大台を突破いたしましたことを、スタッフ一同感謝申し上げます。

第26回いしかわ広告景観賞・公益財団法人いしかわまちづくり技術センター賞 受賞

第26回いしかわ広告景観賞 受賞

 2013年9月10日、土居原ボンネット広場に設置してある車輪型のサインが
第26回いしかわ広告景観賞・公益財団法人いしかわまちづくり技術センター賞
受賞しました。
車輪やレール等をリサイクルして利用しており、独創的で印象に残るとの評価を
いただきました。賞状と楯を車内にて展示しております。ぜひご覧ください。


 ※詳しくは 石川県屋外広告業協同組合ホームページよりご覧ください。



アクセス

所在地


 石川県小松市土居原町772番地 「土居原ボンネット広場」



アクセス


 鉄 道 JR北陸本線 小松駅 西口より線路沿いを北へ徒歩3分

 飛行機 小松空港よりバス(小松バス)12分→小松駅下車徒歩3分

 自動車 北陸自動車道 小松ICより15分
  ※専用駐車場はございませんのでJR小松駅周辺の有料駐車場をご利用ください。
  ※周辺道路は駐車禁止です。近隣へのご迷惑にもなりますので路上駐車はおやめください。


  ※車内トイレ・化粧台の水道は使用できません。
   JR高架下公衆トイレ(うらら横、徒歩3分)をご利用ください。



お問い合わせ先


 ボンネット型特急電車保存会 事務局
 メールアドレス

Copyright (C) ボンネット型特急電車保存会 All Rights Reserved.
Powered by Pondt